日本の家族

夫婦と親子はどうあるべきか – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 家族

相続関係の手続き、離婚、不倫の慰謝料などの問題を扱っていると、どうしても親子とか夫婦とか家族がどうあるべきかということを考えさせられます。

離婚をすること自体は、離婚届一枚を提出すれば済むので、制度としては非常に簡単ですし、不倫(不貞行為)は悪くないと主張する人もいます。夫婦とは何だろうかという疑問も湧いてくるでしょうし、婚姻届など提出すること自体が面倒なだけだと感じられるかもしれません。

民法で扱っている債権とか物権などとくらべると、家族法・親族法・相続法などは国の考え方・価値観(民族性・風習)に強く影響されるので、絶対にそうしなければならない理由を説明してほしいといわれても、自信を持って説明できるとはかぎりません。

歴史・伝統・習慣を無視して、ゼロから考えると、ほとんどのものはナンセンスかもしれませんが、「伝統からも流行からも逃れるのは難しい」と感じます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です