内容証明

お金の貸し借り – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 内容証明

友人からお金を借りた人が、「もう時効だから返さない」と言うことができるのでしょうか。
友人に対する貸金の時効は10年とされていますが、いつから起算するのかが問題です。
もともと、なぜ「時効」があるのかということも難しい問題です。

最後に弁済した日から10年経過していても、最終の弁済予定日から10年経過していなければ、時効だと知らせるために内容証明郵便を送ると、借りた人は、かえって困ったことになるかもしれません。
契約書を用意して専門家に相談するとよいと思います。
また、逆に、貸した人は、諦めるしかないのか相談してみましょう。

友人知人の間での金銭の貸し借りはよくあることです。
一方は困って借りる人であり、もう一方は助けようと思って貸す人でしょう。
返したいという誠意、返せない事情、返してもらいたい理由など、行政書士を通して内容証明を送ってみるというのもよいと思います。

当事者が「直接話しにくい」ということはよくあります。
法律がどうこうという前に、話し合ってください。そのお手伝いをさせていただきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です