不倫の慰謝料

慰謝料のやり取り – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 契約書

慰謝料の送り方・受け取り方についてです。

不貞行為の被害者(配偶者が不倫をしたので、精神的被害を受けた人)が、不倫の慰謝料を請求して、慰謝料を受け取ることになったけれども、

  • 自分の口座番号を知られるのが不快である
  • 自分の銀行通帳に、送金者である不倫相手の名前が印字されるのが不快である
  • 慰謝料が分割払いの場合、不倫相手とのやりとりが続くので不快である

というように思う人は結構多いようです。
私が代わって受け取ったり、私が代わって振り込むこともできますので、お申し出ください。

手渡し

慰謝料の授受と、示談書合意書・合意契約書への署名を、直接会って一度で済ませるのもよいと思います。
この場合は、慰謝料の額はもちろんですが、示談書合意書・合意契約書の内容を十分に検討しておきましょう。

現金書留郵便

銀行口座を使わずに現金書留郵便で受け取りたいという人も多くおられます。現金書留ですと、たとえば50万円送るはずであったところ、間違えて49万円送ってしまうことも考えられます。現金書留封筒を受け取ってから、足りないと言っても、真偽のほどがよくわかりません。

示談書合意書・合意契約書を使って不倫関係の精算をする場合、

  • 「慰謝料がいくら支払われることを条件に、示談・和解が成立し、不法行為(不貞行為)の精算がなされる」
  • 「本日、慰謝料を受領したので、示談・和解が成立した」

という内容が入ると思いますが、現金書留郵便の場合、「いくらを いつ受領したか」が不明確になりがちなので、お勧めできる方法ではないと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です