不倫の後始末

不倫で生まれた子は相続人 – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 不倫 支払額

不倫があると、発覚後、

  • 不倫をやめるのか
  • 勤務先などを辞めるのか
  • 離婚するのか
  • 慰謝料はどうするのか
  • 不倫によって子供ができたなら、養育費はどうするのか

などは十分協議し、示談書とか契約書として作成する人は多いのですが、不倫によって子が生まれた場合、その子が相続人になるということを実感できない人もおられるようです。

胎児のうちから不倫相手とは一切合わないケースもあります。この場合でも、認知などしていれば相続人ですから、実親が亡くなったとき財産や負債があれば子が相続します。(もっとも相続放棄は可能です。)

不倫の件は円満解決し、養育費も成人するまで支払ったので、その後はお互いに財産のやりとりは一切しないという契約書合意書(おそらく、その子の実父と実母が署名した書面)を作ったとしても相続権は残るのです。

不倫の慰謝料の問題が解決し、養育費も妥当な額を支払っても、まだ相続財産というはっきりしない額の問題はずっと残ります。

遺言書で、「まったく交流なく暮らしてきたし、養育費等はきちんと払ったので、相続の際には何もあげない」と書いても、そのようにはなりません。【遺留分減殺請求権】をご参照ください。

不倫から何十年も経って死亡したときに、一度も会ったことのない人と遺産分割協議をしなくてはならないということがありますからご注意ください。

もっとも、これは不倫をした本人は亡くなっているので苦労はないのですが、遺された妻や子が苦労するのです。

相続人特定と遺産分割協議

その場合、相続人同士が礼を尽くして遺産分割協議の申し入れをしますが、その前に「相続人の特定」をしなければなりません。誰が相続人なのかをはっきりさせます。それから相続人全員と連絡をとりあいます。

不倫問題と相続(遺産分割)はけっこう密接なので、このホームページ・サイトで紹介しています。

デリケートな問題ですから、早めにご相談ください。
当事務所は、川崎市・東急東横線・JR南武線・田園都市線・小田急線をご利用の方からのご相談ご依頼を豊富に受けております。

当事務所は弁護士事務所ではありません。行政書士ならではの強みもありますので、電話・メールでお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です