不倫の慰謝料

ダブル不倫の慰謝料請求権 – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: ダブル不倫

ダブル不倫では理論上は「相殺」にはなりません。
しかし、離婚せずに婚姻共同生活を続けていくなら、事実上、相殺、いわゆる「チャラ」になってしなう可能性が高いということです。

ダブル不倫には「不倫の慰謝料請求権」が2つあります。
離婚せずに婚姻生活を続けていくとしても、夫と妻の収入と出費をそれぞれ別にしているなら、相殺とかチャラと考えるのではなく、2つの請求権をひとつずつ実行していくとよいでしょう。

そもそも、2つの「不倫の慰謝料請求権」の金額が等しいとはかぎりません。
一般には、特殊な事情がない限り、「お互いさま」という形で解決することが多いということです。

慰謝料については相殺のようにして解決するとしても、そのでも「誓約書」とか「合意書」「示談書」「念書」のような形で、
「もし再度の不倫があった場合には〜」
という形式の書類を作って、再発防止の工夫をするようお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です