婚姻関係

婚姻関係の破綻 – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 婚姻関係の破綻

婚姻関係

そもそも婚姻とは、
『男女の性的結合を含む全人格的な人間としての結合関係であり、その結合の内容、態様は多種多様にわたる』
とされているようです。

婚姻関係の破綻や、内縁関係事実婚の判断などは、同棲との区別をするためにも、ある程度の判断基準が必要です。

婚姻状態といえるかどうかは、

  • 別居しているか
  • 家庭内別居ではないか
  • 食事は共にしているか
  • 子供の共同での養育をしているか
  • 家計は一緒か

などが目安のひとつかもしれません。

家計

昔からの風習でいうと、夫婦の家計は同一の傾向が強かったわけです。
共働き・男女対等な労働条件などから、給与の振込口座が別々のケースも増えています。自分の給与は自分の口座に入り、夫婦での共同生活に必要な費用は、その都度、互いに出しあうとか、どこかにプールしておく夫婦が増えているようです。離婚協議書を作成するときにかなり簡潔です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です