不倫の慰謝料

既婚者だとは知らなかった – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 不倫の慰謝料

結果的に不貞行為となったとしても、相手が既婚者だとは知らなければ、不倫の慰謝料請求はされないのではないかということがよくいわれます。
また、既婚者なのに、自分は独身だと嘘をつく人も多いようです。

「付き合った相手が既婚者だとは知らなかった」のだから、不倫の慰謝料を支払う必要はないという主張が認められるのかということですが、それは協議・話し合いの中で、大体わかってくるのではないでしょうか。

ちなみに訴訟等では認められないことが多いようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です