財産分与

財産分与の時期 – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 財産分与

財産分与をするとき、

  • 離婚届を出す前にするのか、それとも
  • 離婚届を出した後にするのか、

迷いませんか。
どちらでも同じだと思うかもしれません。

財産分与は、離婚届を出した後にします。
理由を手っ取り早く言ってしまうと、民法第768条1項に「協議上の離婚をした者の一方は、相手方に対して財産の分与を請求することができる。」という規定があるから、ということになります。

「離婚をした者」ですから、「離婚する予定の者」ではだめですね。
正式に離婚しないうちに、財産・所有権が移転してしまって、やっぱり離婚しないということもあるかもしれませんから、財産分与の手続きは正式な離婚後にします。

離婚届前に財産の所有権を移転すると、贈与になるでしょう。

協議離婚の届けをする前に、財産分与の合意をすると、「財産分与の予約」となるでしょう。

また、同条2項によりますと、当事者で財産分与の協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に決めてもらうことができます。ただし、離婚してから2年以内にしてください。時効に似ていますが、除斥期間といいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です