賃貸住宅

定期借家契約 – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 不動産賃貸借契約

不動産賃貸借契約の場合、「土地を借りる場合」と「建物を借りる場合」があります。
建物の賃貸借契約は、大きく分ければ「普通借家契約」と「定期借家契約」があります。

普通借家契約ですと、住んでいる人を保護する観点から、賃貸借契約が満了しても、貸主側から無闇に更新手続きを断れないようになっています。
しかし現在、賃貸借建物は少なくありませんので、今住んでいるところを出ると、他に住むところを探すのが困難ということはあまりないでしょう。それなら、入居者を厚く保護する必要は特にないといえます。

一方、現在の入居者を保護して、退去してもらうのが困難なのでは、建物を貸している家主としては、その建物を大改装したり、建て替えて自分で住んだりすることが難しいことになります。それでは家主が気の毒だということになり、定期借家契約ができるようになりました。

定期借家契約ですと、更新がなく、契約で定めた期間の経過後は借主は立ち退かなければなりませんので、家主にとっては貸しやすくなります。

定期借家契約には大きな問題があるとも言われていますから、ご心配な方は専門家にご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です