内容証明

行政書士の起案 – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 内容証明

内容証明郵便で、特に少額が問題になっている場合なのですが、相談・面談でアドバイスだけを受けて、ご自分で内容証明郵便を送付する人がおられます。行政書士としては、アドバイスはするものの、ご本人のすることを止めるわけにもいきませんから、それ以上どうしようもありません。

こちらとしては、事情をうかがって、もっともご本人の主張したい箇所にたどり着くように起案したいと思っています。

ご本人の作成したその内容証明郵便で解決すればよいのですが、「論点が違うのではないかなあ」「その後、相手とのやり取りで不利にならなければよいなあ」と感じることがあります。

当事者(本人)ですと、自分のもっとも不満に思っている点と、客観的に主張すべき点がずれていることがあります。こちらで起案・代理作成をしても、最終的には内容をご本人に確認してもらいますから不本意な内容証明を発送することはありません。ご本人が納得いくまで修正します。

そうはいっても、行政書士が内容証明を書けば、すべてうまく解決するとは限りません。たとえ警察でも、裁判でもどうにもならないという事案は世の中にたくさんあります。精一杯の努力はしますが、ご理解ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です