契約書

書面によらない贈与 – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 贈与

モノをあげたり、もらったりということはよくあります。「後であげるからね。」という約束もあるでしょう。多くの場合、「△△を贈与する」と書面にし、署名押印するようなこともないでしょう。

書面によらずに、贈与することにした場合、お互いに撤回することができます。「やっぱり、あげるのはやめた。」といって構わないのです。特に罰則もありません。ただし、実際にあげた後は、「やっぱり、あげるのはやめるから、返して。」とはいえません。

実際に上げる前の約束は勝手にやめてよいのですが、実際にあげた後は、無条件で返してもらうということは法的にはできません。

内容証明郵便・合意書示談書の業務をしていますと、売った・買った・もらった、ということがいろいろな場面で問題になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です