契約書

取消し – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 契約書

詐欺や強迫があって契約した(させられた)場合には取り消すことができます。
契約書に署名したのだから、もう決まったのだ。契約書に書いてあるとおりにしなさい。それが社会人として、大人として当然でしょ。」といわれると、納得してしまう人がいます。争いを好まず、どんなことがあっても規則にはしたがわなければならないと思っている人は多いです。

詐欺・強迫の場合には取り消すことができます。公正でないからです。「取消し」と書くのが正しいようですが、「取り消し」と書かれることもあるかもしれません。

取消しができる場合には内容証明郵便のご利用をお勧めします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です