敷金返還

最高裁は家主さんの味方になった? – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 敷金返還

彩行政書士事務所には、賃借人(入居者だった人)から、返ってくるべき敷金が返還されないという相談が多いです。

最近、賃貸人(家主さん)から、「入居時に作成する不動産賃貸借契約書に、『家主に有利な契約内容だが、入居者が了承した』『契約書に敷金から年にいくら差し引くかを明記しておけば、返還しなくてよいという裁判所の判断がでている』『最高裁判所は家主の主張をほとんど認めるようになった』。それなのに、敷金を全額返還請求してくる入居者がいるので、内容証明で警告してほしい」という依頼がくるようになりました。

敷金や敷引特約についての最高裁判例がありますが、そのような判断のものがあるのでしょうか。
家主さんたちの間で、何か大きな勘違いをなさっているのではないでしょうか。
家主さんが勘違いをしているというより、家主さんが「クイモノ」にされている印象です。

(以上は執筆時点の情報で、その後数年して、状況は変わったと思います。)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です