契約取消

契約無効

だまされて契約をしてしまったとか、契約はしたがそんなつもりではなかった、聞いていたものと実際とは違っていたなど、「契約を取り消したい」という相談はよくいただきます。

契約取消とか契約解除の区別をしていない方もおられますが、それは仕方がありません。無効な契約についてもご存知ない方がおられますので、できれば専門家にご相談ください。

契約のようなことはしたけれども、正確には「契約はなかった」ということもよくあります。
契約がなかったとは、「法律行為がそもそも無効」の場合などが考えられます。無効な契約・契約無効です。

以下のものは無効な法律行為です。

  • 意思能力のない人が単独でした法律行為
  • 公序良俗に違反する法律行為
  • 強行規定に違反する法律行為
  • 心裡留保による法律行為で、相手方が悪意または有過失である場合
  • 通謀虚偽表示による法律行為
  • 錯誤による法律行為

無効なものは無効なのですが、無効であることをきちんと内容証明郵便で通知しましょう。

注;上の用語を簡単に説明しておきます。非常に大雑把ですから、具体的なことはご相談ください。

  • 意思能力:自己の行為の結果を判断することのできる精神能力のことで、正常な認識力と予知力を含むとされます。
    しかし、意思能力があるのかないのかについて、客観的な判断基準はありません。
  • 強行規定:法令の規定のうちで、当事者間でそれに反する合意があっても、適用される規定をいいます。強行法規ともいいます。
    それに対し、当事者間の取り決め・契約で変更してよい法令を任意規定といいます。
  • 心裡留保:意思表示をする人(たとえば「この契約をします」「これを購入します」などという人)が自己の真意と表示行為(自分の思っていることをことを人にわかるように表現すること)の内容との食い違いを自覚しながらする意思表示。
    自分にお金がないことはみんな知っていると思ったので、冗談のつもりで、「1千万円くらい、明日、自分が用意して持ってくるよ。」と言ったら、みんなが本当に信じてしまったというようなこと。
  • 通謀虚偽表示:自分の財産が差し押さえられないように、友人に頼んで、その財産を買い取ったように見せかけるというようなこと。実際には、売買していない。



        契約取消 中原区 武蔵小杉

契約取消

契約(法律行為)を取り消すことができる場合として、代表的なものは次のものです。

  • 未成年者が自分でした法律行為(契約など)
  • 詐欺・強迫によって契約などにいたったもの

法律行為を取り消すと、その法律行為は初めからなかったことになりますので、
契約を果たしていなければ、もう果たす必要がありません。
途中まで果たしたなら、それ以後のことはする必要がありません。
契約が有効だと思って既にしたことは、元通りに直さなければなりません。契約が有効だと思って受け取ったり、渡したりしたものがあれば、お互いに返還します。これが返還義務です。

返還義務

契約が有効だと思って受け取ったり、渡したりしたものがあれば、お互いに返還するのですが、たとえば未成年者の場合は、「現存利益だけ」返還すればよいとされています。

現存利益

現存利益の返還とは、原物があればそれを返します。受け取ったお金で宝石を買ったならその宝石を返せばよいですし、その宝石を購入後、床に落として傷がついても(値打ちが下がったとしても)、それを渡せばよいことになります。

受け取ったお金で起業し、儲かった部分は返還する必要はありませんが、受け取ったお金を預金しておいて利息がついたのなら、その利息も一緒に渡します(返します)。

受け取ったお金で借金の返済をしたとか、電気・ガス・水道などの生活費にあてたお金は現存利益なので、返還しなければなりません。


    行政書士 川崎市 東横線

川崎市・武蔵小杉の行政書士

川崎市中原区の行政書士です。
武蔵小杉で面談をしていますので、東急東横線・JR南武線をご利用の方には特に便利です。

また、

  • 土曜・日曜・祝日
  • 就業後の午後7時・8時

でも、都合がつく限り面談をお受けします。初回の

  • 簡単な電話相談
  • 一般論としてのアドバイス

は無料でお受けしています。ただし、電話での簡単なやり取りや、一般論としてのアドバイスでは、ご相談の事情や経緯が正確に把握できないため、はっきりとお答えできないことがあります。